◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とびひの治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


とびひは皮膚に黄色ブドウ球菌が感染することにより、水疱、かさぶたができ、かゆみを伴う場合もあります。
患部をかいて、皮膚を傷つけてしまうと、体中に飛び火してしまいます。
原因は細菌感染なので、治療としては、皮膚を清潔に保ち、抗菌薬を使用します。
患部から感染が広がらないように、ガーゼなどで覆う場合もあります。
正式名称は伝染性膿痂疹といいます。
原因菌は、ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌(溶連菌)です。
接触により移り、感染するスピードが速いです。
火事の飛び火のように急速に身体中にひろがります。
水疱性膿痂疹、痂皮性膿痂疹の2種類に分けられます。
水疱性膿痂疹は(みずぶくれ)ができて、びらん(皮膚がむけること)ができることが多いです。
痂皮性膿痂疹は炎症が強く、厚い痂皮(かさぶた)ができます。
水疱性膿痂疹は、黄色ブドウ球菌が原因です。
黄色ブドウ球菌が表皮剥脱毒素をつくり、その毒素が皮膚を侵す事により、水ぶくれができます。
あせもや虫刺されなどが元になりやすく、夏場に子供が感染しやすい病気です。
痂皮性膿痂疹はの原因菌はA群β溶血性連鎖球菌です。
痂皮性膿痂疹はアトピー性皮膚炎などにより発症することが多く、かなり急速に発症します。季節には余り関係なく、子供よりも大人に多く見られます。
2種類がありますが、ほとんどの場合、水疱性膿痂疹で、症状は水ぶくれ、水ぶくれが破れてできたびらんです。
治療は抗生物質の軟膏を塗り、患部全体をガーゼで覆います。
水疱の中の液が患部以外に付着すると、とびひがうつってしまうので、水疱はつぶさないように気をつけます。
大きな水疱の場合は、まわりに液がつかないように、液を取り除きます。
かくことにより、広がるのでかゆみ止めもつかいます。
痂皮性膿痂疹の症状は黄褐色のかさぶたが特徴的で、原因は溶連菌なので、ペニシリン系の抗生物質を使用します。
重症の場合は、点滴をします。
溶連菌の重症感染では、まれに腎臓に障害がでます。子供の場合は特に気をつけます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)とびひの治療